女性の味方!神様もご利益もいっぱいの八坂神社

ジメジメした日が続いていますが、もう間もなく梅雨も明けて夏本番…
ということは、今年も八坂神社(鍛冶屋町)の夏祭り『ぎおんさん』の季節が近づいてきましたね。

 

長崎の夏の風物詩『ぎおんさん』と言えば、ほおづき市。

陽が落ちる夕刻より縁起物の「ほおずき」を買求める人や浴衣姿の参拝者で賑わいます。

 

なんと、約380年前より疫病退散、家内安全、天下安泰の神事として行われてきたそうです。(今年の開催日は7/21〜23)

 

この『ぎおんさん』を始め、節分祭に七五三、そして長崎くんちの踊場と、長崎の四季を彩る八坂神社には神様も多くいらっしゃいます。

特に注目したいのが、女性に嬉しいご利益があること
御祭神(ごさいじん)の八幡大神(ヤハタノオオカミ)に由来して、安産祈願のご利益で知られています。
さらに!!本堂のお隣にある櫻姫美人稲荷は、名前の由来となった言い伝えから、美人参りや女の子の初宮詣の名所としてたくさんの方がお参りされています。

女性に嬉しいご利益が一同に受けられるとあらば、女性のみなさん、見逃せないですね!

 

 

 

鍛冶屋町にある八坂神社。 街中に朱い鳥居が目立ちます

 

石段を上がると境内 奥に本堂が見えてきました。

本堂前で狛犬が迎えてくれます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂の右隣にあるのが 櫻姫美人稲荷 さあ~お参りして美人になりましょう!

 

お参り後は、恋みくじ♡ 来たれ恋する乙女の皆様!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

櫻姫美人稲荷の名前の由来となった言伝え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様のご利益もたくさん・・・!

 

石階段で振り向くと・・長崎の街中であることに改めて気づきます。私達の傍にずっと寄り添ってくれています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一足早く 八坂神社行ってみる?のもおススメ↓

今年も長崎の夏がやってくる~~♪

 

検索