江戸町商店街は、タコノマクラ?!

西役所

長崎県庁正門からだらだら坂を下ると、そこは江戸町商店街。

ふだん、なんとなく県庁マンが通りすぎるだけ。

でも、もったいない。夕暮れ時、たたずむと

どこか異国の風景になる。小さなカフェ、印鑑屋、ペット病院

お茶屋さん、ギフト屋・・・いろんなお店が並ぶ

足元には、ほら俗に「タコノマクラ」と呼ばれる町印

これは、J・D・Mを組み合わせたもの

オランダ人がエドマチを「JEDOMATS」と綴ったから。歴史を紐解くと

出島が見えてくる・・不思議な町通り

今年のチェックポイント江戸町公園から、ぜひ足を延ばしてね

タコノマクラ

これぞタコノマクラ!長崎くんちの時の町印として知られています。良く見ると可愛い!

江戸町商店街

黄昏時にたたずむと、異国の街角みたいです。

タコノマクラ足元

タコノマクラの足元バージョン。みんな気が付いてあげてね。

江戸町商店街2

オランダ語が普通に使われている商店街のアーチ エキゾチックですよね

ポスト

明治4年九州で初めて長崎街道に長崎郵便役所が設置されました。それを記念して、このポストが歴史を伝えています。実際に投函できますよ(*^_^*)

勝海舟

勝海舟と榎本武揚。勝海舟はもちろん、海軍伝習所で有名、榎本さんは、海軍の副総裁だった人で、伝習所の第二次生。このあたりを歩いたよね

 

検索