クリスマスの夜に・・・

街はクリスマスイルミネーションで賑やかな夜ですね。

 

長崎は和華蘭の街だから、クリスマスが似合うと思います。

もちろん年末になればお寺の除夜の鐘をたたき、年が明けてしばらくすれば旧正月を祝うランタンフェスティバルで賑やかになります。私は長崎しかしらないからそれが当たり前。お墓で花火もびっくり?なんてしない。半世紀以上生きていれば昔は・・・と言う事が増えてきたけど、精霊流しも爆竹なるのが普通ですね。だって長崎ですものね。

 

そんな街で33年も続いてる女性のボランティアスタッフによる女性の為のイベントが開催されている事もそろそろあたりまえの風景になりつつあります。

33年間、毎年毎年、企画して、準備して、ピンクのポスターはって11月3日を迎えることがどれだけ大変な事か・・・。今更ながらびっくりと言うか感動さえ覚えます。

 

変わらず続けられるのは、とにかくこの街、長崎が大好きだから・・・。

この街のいろんな所に歴史が詰まっていて33回やっても飽きることなく、新たな発見があったるするから面白い。

この面白さ、良さを一人でも多くの人に伝えることがこれからの私達の役割かもしれません。

33年の間に変わってしまった風景もあります。新しくできた場所も沢山あります。

変わらない風景を守る事、伝える事・・遺していく事も大事ですね。

さあ 何が出来るかは自分自身で考えて出来る事から始められたらいいですね。

 

2019年も残すところ1週間ほどとなりました。

今年1年 大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

お世話ににゃりました!にゃん

 

 

検索