長崎の中の中国!

9月 季節は秋ですが・・雨だったり 台風だったり蒸し暑かったりの長崎の街です。

旅行シーズンの秋ですが、そんなに遠くに行かなくても パスポートなくても行けますよ!

中国・・・(*´艸`*) 行ってみませんか?

 

 

日本にいながら、まるで中国を旅しているような気分になる事ができる場所が長崎にはあります。

 

それは 長崎孔子廟・中国歴代博物館 です。

 

しかし残念ながら、長崎に住んでいても、なかなか中に入ってゆっくり見る事がない場所、近くは通るんですけど入った事なくて・・・という方がきっと沢山いらっしゃると思います。

この機会に是非!訪れて見てはいかがでしょうか?

 

孔子廟とは、孔子の遺品を納め祀ったのが始まりで、明治26年 中国清朝政府と華僑によって建造されました。

日本の各地にある孔子廟の中でも最も見応えがあるのがここ長崎の孔子廟と言われているそうです。

瑠璃瓦・青白石製欄干・孔子像・72賢人石像等はすべて中国からの取り寄せです。

見どころは盛沢山で、神様と皇帝しか通れない神聖な門・・・儀門(ぎもん)は長崎孔子廟の正門です。

廟内で最も歴史が古い受験生必見の大成殿は孔子が祀られていて学問の神様として有名・・・受験生の皆さん要チェックですね。国宝クラスの文物が見れる 「中国歴代文物展示館」「長崎孔子廟史料館」も気になります。

 

そんな孔子廟では「孔子祭」があるみたいですよ!予習も兼ねてちょっとお出かけはいかがでしょう?

 

詳しくはこちら→https://nagasaki-koushibyou.com/

 

 

 

 

 

 

孔子の弟子72賢人石像は1.8トンもの重さです

碧水橋・・総大理石の石橋

きらびやかな儀門

孔子廟

検索